Owsley


メロディーと伴奏、声その他諸々の全ての波長があっているのかしら、ついこの間知って、それからずっと聴き漁ってる。
スピッツをきっかけに今までロック系統の楽曲をいろいろ聞いてきたけど、ここまで嵌ったのは中々ない。
ただひとつ問題なのは、楽曲のサウンドが全体的に太すぎて、XTCとか他の好みのアーティストに出戻りするとそれがすこし物足りなく感じること。
薬の耐性とか、こういう風に形成されるのだろうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する