なるほどブログとの付き合い方

ベッドの中で心の蜘蛛の巣を最初は足掻くように、次第に織物を愛でるように探るのが好きです。
粘着質な物から解放される感じと、探検隊みたいなドキドキ感が堪らない。
そして自分の深層的な感情に気づくと、なんか背中がシュピーンってする。これは言語化できないよ。

昨日はベッドの中でブログについて考えました。
事のあらまし――つまりは出発点――を説明しますと、最近はどうもBMS終わり後のBMS日誌を書くのが気怠い。それはなぜでしょうといった感じです。
嫌なら書かないってのが最終の結論なのは理解してますが、この探検はパズルみたいに推論して組み立てていく事が大切です。
ルービックキューブも結局は全面がそれぞれの色に染まるだけですからね。しかし面白いのは、過程があるからこそ。

まず最初は、外部からのプレッシャーを仮定に考えます。
人が見に来ないからとか、この前のコメントで期待されたから、とか。
更に発展してtwitterなどでブログについて呟かれず、何だか寂しく洞穴の中でパーティーの準備をする気分になってるとか。
しかしこれはハズレのようで、背中がシュピーンとなりません。更に考える必要がありそうですね。

次は自分を仮想敵に置きます。
導きだした結論を実践すると共に述べますと、好きなようにやるという事に縛られてる俺がいたという事です。
BMSというゲームを6年ぐらい(かしら?)やって導きだした物事への俺流の取り組み方を、ブログに対して煮詰めたアクのような部分だけ適用させていたみたいです。
この俺流の取り組み方は、長年の経験とそれに対する諸々の心的な気付きが必要な訳でして差し詰め一種の悟りに近い物。
三昧の末に辿り付くべき物を過渡を得ずにまんま当て嵌めても、それは頑張って稼いだ大金をそこらへんの貧乏な鼻タレ坊主にほいとあげるように愚か。
大金を手にしたという事は通底してますが、そこに至るまでの精神性と経験がないならそれはただの極悪な負債。飲まれて狂って死にます。

そして、俺も同じように飲まれていたようです。
正しい言葉を使って論理的に書いて……などという負担、言い換えれば真面目に取り組まないといけないという強迫観念があったとか、かと言って書かないで寝るのもなんだか気分がモヤモヤするだろうなぁとか色々推論しました。
真面目か寝るか。1か0か。どっちに転んでもモヤモヤが残る。それが半日前の俺の気持ちでした。

今の俺には0か1でもどっちでもいいです。特になしと書くこと。これに近いですね。
スポンサーサイト

今日のBMS

また可能領域が広がったような気がする。
伸びしろがあるっていうか、伸びしろ自体が伸びてる感じ。


続きを読む

今日のBMS

ヴィパッサナー瞑想の要領で、今だけに意識を向ける。
言葉の本質も結局は時間(と言われる物)なので、もう気付きをいれるだけで集中出来るようになってきた。
自分でも何言ってるか分からんけどね。


続きを読む

車内

寝るって事は自分の深層の玉に近付く事なんだろうな。
久しぶりにグッスリンコと寝たら、父親との郷愁に満ちた夢を見た。
玩具の買取店に車を止めて、車内で持ち寄せたボードゲームの最終確認。
石のサイズが不揃いなオセロ。なぜか、盤面が一回り小さいチェス。
こんな物で売れるのかしら。と、俺。
リバースとか、ああいう使わないのを売りたいね。と、父。
本来のオリジナルを知らず、適当に持ってきたもんだから話が噛み合わない。
そのなんだか抜けつつ、それでも主導権を握ろうとする確かな芯の持ち方は俺がよく知る父親の姿。
でも、俺が知る父親はリバースなんて知らないから、恐らく、父親の皮を被ったただの俺の理想だろう。
なかなか笑顔が似合うやつだった。

bmsの上達

最近になってやっと脳内の構成が固まってきたんだけど、導き出された結論がなんともフワフワしている。
言ってしまえば、出来る範囲で好きなようにやりなさいのただ、それだけ。
この前に色々と「自分を知る」とか、「良いも悪いもない」とか色々な小話もあるのだけど、これでみんな納得してくれるかしら?
納得しなかったらそれまでと切り捨てるのも簡単だけど、出来る事なら、人に影響を与えられる物に仕上げたいからね。

あと、人は即効性がある物に食いつきやすいと言うのも悩みの種。
俺はどうしても、表面だけの小手先の知恵なんてかなぐり捨てたくなる。
性格に染みついてしまいそうなぐらいに濃厚で、俺の全部を絞りだしたエキスみたいな記事を書きたい。
だけど、それは受け付けられにくいのも事実。
まあこれも最初の結論、「出来る範囲で好きなようにやる」に繋がるのだろうね。

という訳でしばらくお待ちください。八月半ばぐらいに上げます。上げなかったりもします。

一昨日と今日のBMS

一段落したので、しばらくは亀の歩みの成長を楽しむ事にします。
BMSは放浪するように、のらりくらりと楽しむのが一番いいですからね。


続きを読む

マルチビタミンとマルチミネラル

活力の源として購入。
DHCの亜鉛を飲んでた時は正直効果あるのかと疑問だったのだけど、まあ飲まないよりかはマシかしら。
更にいえば、購入の決め手は二ヶ月分で千円弱というお手頃価格。これは思っていたより、遥かに安い。
ラーメン二杯分の黄白で二ヶ月間溌剌と過ごせたら、これはすごい事よ。
効果の有無は飲み始めたばかりで後に回すとして、メモも含め俺の弱点を列挙す。

まず、脳ミソの落差。動かない時と動く時。これは恐らく血流の問題。
今日の僕私は頭の回転が悪いわ、というのはなんだか漠然としていて、自らの事なのに(それ故にかしら)承知しにくい物だけど、俺には明らかな基準が存在する。
それは肩の凝り加減。おおよそ二週間をメドに肩に乗る物の戦況が変わる。
あの頃のランドセルの時もあればペルシャ猫の時もあるし、何も乗っていない事もある。
その肩による脳への塞き止めを改善さえ出来れば、俺の健康状態は概ね良好となるだろうね。

次に、汚い話だけどウンチちゃんです。
腸という物は第二の脳と謳われる程人体に於いて重要との事。
実際、なんだか体調が優れないという時は大体便秘の気がある。
神妙な顔つきで、思い悩んだ風の男がトイレの中で豪快にひり出していたらそれはそれでおかしいけどね。

なるほど今日の俺

今日の俺は、なんとブログのコメントに反応するぐらい揺蕩っていた。
推論するに今日の俺は寝不足で、脳の中のホルモンが些か少なかったのだろう。
つまり、満ち足りていない状態であった訳だ。

酒を入れた今になって、ようやく回り始めた脳ミソがこの事実に気づいたぐらいに俺はフワフワしていた。
そんなフワフワしてる時は大抵、頭を使わず受動的になれる物を見る。
今日の俺は2chのまとめブログを見た。

そこにあるのは激しい感情のぶつかり合いである。
何々が正しいとか、何々がダメとかそういう感じの。
言ってしまえば、それはただ単に善と悪の押し付け合いだろう。

元来俺は善悪に否定を呈す――これが善な訳でもないよ――事が多いのだが、何重にも錘とも言えるような薄膜を纏ってしまった脳では、これが上手くいかない。
恐らく、性根にまでこの考えが染みついていないのだろう。
それはさておき、つまり俺は善と悪の考えに飲み込まれてしまう。

それは性格とか過去とか、改善のしようがない物を刺激する内容である。
地球に住んでるやつはダメとか、そんな極論まで言ってしまいそうな勢いで荒唐無稽な内容。
しかし、すっかり飲み込まれてしまった当人にとってはそれはとてつもなく魅力的に見える。
生きている以上、人より上に立ちたい。これは人間の普遍的な欲求。

その時の俺はそれの犠牲となって生きていた。
青春とか、恋愛とか、セックスとか、つまり女の子経験がない者はダメ、みたいな。
それが正しいかどうかはさておき、俺は一次元の世界で下側―悪―に陥れられた。
なんで普通の人生を歩めなかったのだろうなぁと考えたら気分も落ち込み、一丁前に苦悩した。

酒を飲みながらほんの数時間前の俺を思い返すに、あれはただの順序の間違いだろう。
あの時の俺は、当時の満ち足りていない状態の逃げ場を求めていたのだ。
つまり、「普通の人生さえ歩めば、今も満ち足りてたのに・・・」といった感じに無意識に考えていた。
そして、それを認めてしまえば、ただの現状から逃避して戻らない過去を求める愚か者である。
なので、頑なに俺は勘違いをする。「昔の事考えたら、気分が重くなった」といった具合に。
あの時の俺は二重に言い訳をし、肝心な今という物から目を背けていた訳だ。

善と悪は結果に依存する。
つまり、善と悪は過去にのみ宿る。善と悪も、因果関係も、言い訳の材料として作られた物なんだろうな。

配信について

最近やけに望まれるんで、イジワル活動として暫くやめる。
俺は景色として生きるのが好きだからね。

今日のBMS

右手が回復して好調。
一歩届かぬ歯痒さを連日味わってただけに、この解放感は気分がいい。


続きを読む