FC2ブログ

俺とこのブログについて

こういうのは開設後にすぐ作るべきなんだろうけど、ダラリダラリと過ごして早一年。
今後はスマホからの閲覧も増えるだろうからアクセス端末によって見れたり見れなかったりするプロフィールよりこっちの方が良いだろうと思い立った訳でございます。
そんなこんなで軽い自己紹介。俺の事を知ってる人も知らない人も、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。


続きを読む
スポンサーサイト

日によって気分のムラが激しいです。あと、チコちゃんに叱られるのチコちゃんが可愛い。マゾっ気がくすぐられる。

モ6 Drop Down


★★4程度に収まる曲じゃないと思ったので自ら作ってみた。テーマは寂寥。32分のノイズの海を泳ぐLNは孤独の象徴なのである。

最近の俺

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

階層式の世界。友人二人と共に最深部を目指す。最深部の一つ前の階層はおしゃれな高級本屋さんである。最深部への入り口の前には注意書きの立て看板。

高校。現実と違って共学だ。中学校時代に片思いしていた男子と同じクラスになって、その中の良さを武器にクラスを朗らかさの極みにまで至らせる。
休み時間、教室中が各々持ち込んだ酒を飲んでいる。俺もウイスキーを用意していたのだが、クラスメイトに渡されたそこそこの量のウイスキーを飲むことになってしまう。もはやこのクラスの象徴となっている俺は、その誘いを断ることはてんでできない。
一気飲みを達成した俺は、その赤面をぶら下げながら教室をふらふらと去っていく。
向かった先は廊下の端にある空き教室。そこには仕事でよく触れ合う、車椅子に乗っているおばあさんがいる。その車椅子で鍛えた脚力で高い高いをしてもらう。天井近くまで俺は飛んで、ああいい気分だなと思う。