俺とこのブログについて

こういうのは開設後にすぐ作るべきなんだろうけど、ダラリダラリと過ごして早一年。
今後はスマホからの閲覧も増えるだろうからアクセス端末によって見れたり見れなかったりするプロフィールよりこっちの方が良いだろうと思い立った訳でございます。
そんなこんなで軽い自己紹介。俺の事を知ってる人も知らない人も、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。


続きを読む
スポンサーサイト

音ヤバ

ゲームセンターの時といい俺のアルバイト事情は常に音に悩まされる運命にあるらしく、最近、自分の耳が壊れるんじゃないかと内心で危惧しながらスクラップ屋の業務をこなしている。
特に、大型のアルミサッシを、そのお仲間がおいでおいでしているコンテナの中へ放り投げる時なんかは。
落雷のような轟音は空気の揺れは肌で感じとれるぐらいに威圧的だし、しかもそいつは耳の中に居座ってしばらく中でジンジンとさせやがるようなタチの悪さを持っている。
業務をこなす上で必要なほかの要素、例えば、力の強さや作業スピード。それらの問題は「慣れ」という自らの増築作業で丸く収まるのだけれど、この問題だけは「麻痺」という己に対する一種の破壊で迎え入れる必要があるから、正直、ついていけない。
本当に壊れてしまいそうになったらやめてしまおう。金よりかは耳。

あああ

ここ最近100均の耳栓を着用しながら床についてるのだけど、やっぱり安物だとダメらしい。
図体に似合わず小さい俺の耳穴から押し出されたそれが枕元で寒い思いをしているのを朝一に見るたびにそう思う。
同じくして100均で買ったアイマスクも二度使っただけでヒモが切れたし、まさに安物買いの――ってやつ。
手軽に安眠が迎えられる手法が、どこかに転がってないもんかしら。

glantzクリア


配信中の出来事。なかなか熱い展開の中でこれだから、下の録画、結構見応えがあると思う。
あと、課題として、BPM230以上の高速系の出来がいまいちなのを最近実感している。
まぁ指が動かないとか物理的な問題ではないので、コツコツやっていればどうにかなるでしょう。幸いにして俺は、そういうのに慣れている。

https://www.cavelis.net/view/7777052382654A468136C5295F055E00
2時間11分あたりから。相も変わらず人の話題で大盛り上がり。
だけど最近、俺、変わってきてるよ。もちろんいい方向に。

集落

小説調の夢。
文章を読む俺と、それによって浮かんだイメージを見ている俺が重なっている。
舞台はどこかの集落。
街に出て廃品を集めたり、はたまた通りかかった人間の所持品を鹵獲して辛うじて生きながらえている。そんな負に満ちた集落。
もちろん、通りかかった者すべてに強襲を仕掛けるわけではない。
世間一般で言われる高いステータス――例えば職種、学歴――を持つ人間は、仲間として引き込み、一族存続の要とするのだ。
退屈なストーリーは、自らを東京大学卒だと語る若い男の来訪により一変する。
周囲の歓迎に気をよくしているように見えた男が、ある家屋を見るやいなや声を冷淡なものにし、集落の政府への引き渡しを旨とする宣言を始めたのである。
その家屋の基礎部分として使われていた車が、盗品であると見抜かれてしまったためだった。
今までにない危機の訪れに動揺が走るシーンの中、いつの間にか俺は小説の中にいる。
集落の一員としてそこにいる俺はその若い男が水産庁の人間であるということを知っていて、まあ多分口止めとして皆に殺されてしまうのだろうなぁとボンヤリ考えている。